BoSidin使用上のアドバイス

家庭での脱毛処理の6つのポイント

1.BoSidin社の脱毛機が自分に合っているか確認する

OPT技術は、毛包とメラニン色素をターゲットにしています。レーザーとIPLのエネルギーレベルと波長が絶妙にブレンドされているため、毛が抜けやすくなっています。粗い毛や黒い毛の処理には最適ですが、赤い毛、金髪の毛、白髪の毛の処理にはあまり効果がありません。

2. 説明書をよく読むことが大切

BoSidinの脱毛器を使い始めるときは、脱毛器とその仕組みを理解するために十分な時間が必要です。急いで照射を行うと、レーザーの使い方を間違えて肌を刺激したりすることがあります。特に、6種類のモードを覚えることが大切です。VIOモードとVIOカートリッジは、敏感なVIOゾーンのために設計しています。


使い方がわからないときは、脱毛器のユーザーガイドを参考にしましょう。まず、最低でも15~30分程度の時間を確保し、ユーザーガイドを読む時間を確保することで、機器を試し、照射が成功した後は、SRモードを楽しむこともできます。

3.我慢することが大事

VIOや顔を脱毛する前に、また最初の照射に、脱毛部位をふくらはぎのような、より大きくてあてやすい場所でお試し頂いた方がお勧めします。何度か照射を練習すれば、脱毛器の使い方がよくわかるようになり、より細かい部位に使用してください。BoSidinの脱毛器は、体の部位のどこでも安全に使用することができます。脱毛器の使用に自信が持てれば、すべての部位が効果的に脱毛するのを実現することができます。そして、無痛脱毛を体験してください。

4.照射頻度を守りましょう

弊店では、1~2週目は2~3回、3~4週目は1~2回、4~8週目は1週間に1回のペースで脱毛を行うことを推奨しています。ただし、脱毛効果には個人差があります。週1回の定期的なトリートメントにより、わずか3~4週間で目に見える効果を実感していただけます。8週間後には完全な効果が見えてきます。そして、ムダ毛のない生活を自由に楽しめるようになります。たまに照射を行い、毛根が成長するのを遅らせていることを確認して下さい。

5. 照射前のシェービングを忘れずに

照射前には、毛を剃ったり、余分な毛を取り除きましょう。脱毛に適した長さの毛にしておくことが大切です。毛が長すぎると、この脱毛器で処理したときに熱量が高くなり、肌にダメージを与える可能性がありますので、処理前には毛が長すぎないことを確認してください。
また、脱毛前にワックスや毛抜きをすると、本機で処理できる毛がほとんど残らないので、絶対にやめましょう。つまり、BoSidinの脱毛器は、熱緩和期間中、穏やかな光のパルスを継続的に照射します。そして、脱毛器によって生成されたエネルギーを吸収し、効果毛根の成長を抑制するために必要な熱エネルギーを作り出すために、毛根内部の毛の部分に依存しています。代わりに、お客様の毛を脱毛する前日まで自然に成長させ、最良の結果を得るために皮膚の近くに毛を剃ります。

6.BoSidin脱毛器がタトゥーに与える影響について

BoSidinの脱毛技術は、毛包内のメラニンや色素に焦点を当て、熱を加えて根元にエネルギーを蓄積させ、その中で毛はシャットダウンして休止期に入るように設計されています。安全で快適、そして効果的な脱毛方法です。また、お客様の肌がより多くの色を持った場合、レーザーエネルギーをより吸収しやすくなることを意味し、脱毛器がタトゥーインクの色素をターゲットにしないことを認知する方法はありません。なので脱毛の時はほくろやタトゥーのような色素領域を避ける必要があります。そうしないと、脱毛時痛みを感じやすくなり、予想外の効果が現れるかもしれません。

x

x